プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


2018年2月4日(日)

今後のことについて、話をしたのち、B1Fにあるプールに向かいました。

続けること50回目の節目となりました。

今回もまずは、地上における横歩きから始めました。前回同様2往復を行いましたが、前回よりもしっかり足が上がるようになってきており、リズム+腿が上がるという理想の動きになってきました。

横歩き

腹筋とストレッチ、レッグプレス

前回から、腹を6パットに割るぞ計画をスタートし、今回もハードトレーニングをしました。
自ら志願し、10回×4セットを行いました。息を止めず、しっかり呼吸をしながら行うことを心がけて行えました。

マットを引いて

ストレッチは、両足抱え込み、片足抱え込みを行いました。
どちらも、固いイメージがある状態ですが、繰り返しすることでいい筋肉を作っていきたいと思っております。

レッグプレスを始めました。両足でしっかり蹴り上げます。

最近のピースは

今日も楽しくハードにスタートする前に必ず写真を撮ります。

いい笑顔で、ピースをしてくれるので、指導員も思わず微笑んでトレーニングを開始するモードになります。

腹筋で汗をかいたあと、シャワーを浴びて通常トレーニングを開始します。

浮き輪歩行

Aポジションを確認したのち、すぐに浮き輪歩行を行いました。

しっかり足を前に進めることを目的にしたトレーニングです。4往復(10m)をしたのちに、指導員が障害物として前に立ちはだかります。

目の前に現れた、障害物を当たらないようによけるトレーニングになります。
最初は、うまくよけれず当たってきていました。そのたび痛い!!と声をあげます。

そのかいもあって、何回かやっているうちに、足の運びを考え、うまくよけれるようになってきました。短時間で成長してくれるS君の順応性にはいつも驚かされます。

自立歩行

結果から申し上げると、9mのところでバランスを崩してしまいました。
ただし、そこまでの歩数は119歩と、10mを歩き切ったときの183歩と比べても、断然歩数が少なくなっております。この歩行中も、前までだったら、バランスを崩して飛び込んでくる場面が2回ありましたが、しっかり自分で耐え、歩行を続けることができました。

以前ならば100歩いくと喜んでいたのですが、最近は驚かず、当たり前となっています。
それよりも、足の出し方に驚かされております。

スクワット

自分から志願して、50回を行いました。やる気がみなぎっております。

ただやるのではなく、しっかりした姿勢で、ゆっくり腰を下ろし、伸び上るように上がります。

今回指摘したポイントが、どうしても顎が上がってしまう癖があったので、顎を引くようにしました。その結果、更にフォームがきれいになり、一連動作が美しくなりました。

健太トレーニング

Sさんのお気に入りのトレーニングの一つになっています。

作業療法士のKentaさんに指導してもらった、トレーニング方法です。
このトレーニングを取り入れてから、さまざまの動きに活用ができ、すべての動きにキレが見れるようになりました。

しっかり腿をあげること、しっかり足を後ろに伸ばすこと、この動作は、横歩きや、自立歩行の時に役立っております。

ボール投げ

Sさんの一番好きなトレーニングになります。

今回は、なんとノーミスで50回のキャッチボールを続けることができました。
それも、投げ込んでくるボールは、受けてをうならせる力のこもったボールになり、受けている方も楽しくて仕方ありません。また自ら、腕投げになっていないか、腰のひねりが入っているかを確認する場面もあり、意識が高いです。

比較的苦手だった、キャッチも精度が上がってきて、ほぼ受け手のミスを除き、ノーミスです。

1本手すり乗降

今一番取り組んでいるトレーニングが1本手すり乗降になります。

横向きで階段の登り下りをしております。理学療法士さんと行っている、地上トレーニングと若干動きが違うため、現在も試行錯誤で体を動かしております。

新たに介助した結果、スムーズに動くフォームを見つけた気がしますが、まだ完成しておりません。

この記事のライター

関連する投稿


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年1月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年1月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。