プール療育 31回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 31回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月、アメリカで行ったトレーニングが、現地スタッフの目に留まり、言われた言葉が、君のやっているトレーニングを6か月続けたら、目に見える変化が生まれるよというものでした。帰国後、日本でもトレーニングを行える施設を探し、この度スタートすることになった。PCJオリジナル、港区三田、新宿区四谷、世田谷区、杉並区


2017/6/21(水)

1)16:10~16:30送迎
2)16:30世田谷総合福祉センター到着
3)16:30~16:45更衣
4)16:45~17:50トレーニング
5)17:50~18:10更衣
6)18:10~18:40送迎
7)18:45解散

1) ウォーミングアップ

浮き輪をつけた状態でプールを1周しました。以前は左足が外に開きやすく、歩いていると左へ
流れていくクセがありました。最近クセが改善されてきて、まっすぐ足が出るようになった分、
体が右に傾きやすくなってきました。右足の踏ん張りが今はききにくいので、右足の筋力強化を
図っていきます。

2) ストレッチ①

プール内の手すりにつかまりながら下半身のストレッチを行いました。最近水泳の練習も行って
いるため、腕をまっすぐ伸ばせるように肩関節のストレッチも行いました。トレーニング中は
腕の筋肉が常に緊張しているので、力を抜けるように水に浮かびながらゆっくり行いました。

3) スクワット

10回を2セット行いました。毎回しっかりと直立姿勢に戻ることを意識して取り組んでいます。1回目は負荷なしで、足を伸ばすときにジャンプするように勢いよく立つことを自分で決めて
取り組みました。2回目は指導員が後ろから負荷をかけながらゆっくり行いました。

4)モモ上げ

10回を2セット行いました。持久力がついてきて、長い時間踏ん張ることができるようになって
きました。自分の足を見ながら取り組むと、どのように足が動いているのかを確認することが
できていました。

5) カールレッグ

モモ裏の筋肉を意識的に動かすトレーニングです。筋肉を動かす向きをサポートしながら伝えるとより筋肉を動かすことができていました。初めてこのトレーニングを行った時はかかとをお尻に
引きつける運動ができませんでしたが、今回自分の力で10cmかかとを引き上げることが
できました。

6) ストレッチ

レッグカールでモモ裏の筋肉が緊張していたのでストレッチでリラックスさせました。本人も
筋肉が張っている感覚を自覚しています。

7) け伸び

浮き輪をつけて両足キックの練習を行いました。後半は水泳の要素も入れ、平泳ぎのように
開脚状態で下半身関節を曲げ、キック後は脚を閉じるという流れで練習しました。一人ではまだ
キックのタメが十分ではないので、補助をしながら筋肉の動かし方を覚えていけるように繰り返し練習しました。

8) 水泳

け伸びで練習したことを生かして泳ぐ練習をしました。良いイメージを持って臨めるように、
腕を引っ張りながらキックで前に進む感覚を身に付けさせました。その後自力で5m、軽い
補助付きで7m泳ぐことができました。やはりかかとを引き付ける力がまだ十分ではないのと、
後半になるとキックが浅くなるので、筋力・筋持久力を引き続きトレーニングで高めていき、
歩行練習と関連付けながら取り組んでいきます。

9)Aポジションキープ

直立姿勢でのバランスキープを行いました。現在は膝と股関節を深く曲げた状態なら自力で
長時間バランスをキープすることができます。今回はできるだけ直立姿勢に近いところでの
バランスキープを短時間集中型で取り組みました。前後にふらつきやすいので、バランスを
崩した後のリカバリーの方法も自分で考えながら練習しています。

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)児童発達支援、放課後等デイサービス 事業所一覧

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)

代田橋店 〒168-0063 杉並区和泉1-19-13
tel:03-5301-0760

芦花公園店 〒157-0062 世田谷区南烏山1-16-19
tel:03-5316-6056

阿佐ヶ谷店 〒166-0004 杉並区阿佐谷南2-32-9
tel:03-5305-3938

西荻窪店 〒167-0043 杉並区上荻3-5-4
tel:03-3301-2130

世田谷店 〒154-0016 世田谷区弦巻1-46-15
tel:03-5426-2325

三田店 〒108-0073 港区三田2-9-5みずほビル1F
tel:03-5439-9983

四ツ谷店 〒160-0004 新宿区四谷3-1-4斎藤ビル2F
tel:03-5362-7135


何でもそうですが、続けることって難しいことです。その環境を整備することが一番難しく、もし仮にその環境が整備できれば、療育は軌道に乗ると思います。

やったり、やらなかったりでは、いい時だけを求めてしまうものになりかねないので注意が必要だと思います。また本人がやりたいという気持ちにさせることも大事なポイントです。

プール療育

プールで指導員と行うトレーニングは、言葉には出せない信頼関係ができます。

水の中で、恐怖を感じさせないようにすることが大事で、最初から無理をさせないようにしなくてはいけません。やっていくうちに自分からチャレンジしていけるので、あせらず、あわてずサポートしていくようにしていくことが大切です。

楽しんで続けられる環境を作れるかが、療育の鍵です。

この記事のライター

関連する投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


靴ひも結び(児童)

靴ひも結び(児童)

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)は、楽しんで通所を続けていけるエンタメ療育を行っております。場所見知り、人見知りがあるお子様も、同じスタッフがレッスンしていくことで、徐々に変化が見られます。指導に正解はないと言われているのは、それぞれのお子様に個性があるからだと思います。その個性を見つけ、指導しています。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。