プール療育 30回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 30回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月、アメリカで行ったトレーニングが、現地スタッフの目に留まり、言われた言葉が、君のやっているトレーニングを6か月続けたら、目に見える変化が生まれるよというものでした。帰国後、日本でもトレーニングを行える施設を探し、この度スタートすることになった。PCJオリジナル、港区三田、新宿区四谷、世田谷区、杉並区


2017年6月18日(日)

2週間ぶりのN指導員の再会で、積もるはなしがたくさんありました。
就労に向けた面接とか、、

ただ、しっかり頭の切り替えをして、トレーニングに取り組みました。

珍しくほかの利用者がいました。旦那さんのリハビリに、奥様とプールの中で指導する男性の方がいました。

シャワーを浴びて、頭の切り替え

乗降トレーニング

問題なくできることはわかっているのですが、今回改めてみていたところ、スピードがかなり早くなっております。階段の下りるスピードが、以前と比べ断然早くなっています。

いつも伝えているのですが、強引に行わない、ダメならばやり直すと言い続けているのですが、今回は、急がせて行ったわけではないので、本当の実力だと思います。

しっかり体を使えています

今日初めて一緒にトレーニングされていた方たちの視線もあり、Sさんはいつも以上に張り切って取り組んでいました。こちらを見ている熱い視線を感じながら行いました。

去年の10月は、補助が必要で行っていたものが、今ではこんなにできるようになっているのです。たぶん、その話を皆さんにしても、信じてくれないと思います。

やはり続けるということは、大切で、その成果は目に見える形で現れ、それが見れると人間もっと頑張ろうと次のステージを目指せていけるんだと思います。

Aポジション

体の使い方において、ベースとしているのが、Aポジションです。

体を維持するための位置を自分の中で感じることが大事になってきます。そのため、ここでは前後左右に揺らし、わざと体のバランスを崩させます。崩れないようにするために、体を動かしていきます。

現在では、相当な力を加えてバランスを崩させますが、なかなか崩すことはできなくなっています。
後ろに押したときは、胸を突出しバランスをとり、前に引っ張った時は、お尻を後ろに突き出す、この動きができるとAポジションを維持できます。

横歩き

リズムを作りながら歩くことようにしています。いち、に、いち、にという掛け声を自分で出しながら歩くようにしています。その時、しっかり腿をあげ、踏み出し、残った足は地面を蹴り上げ、軸足にくっつけるようにします。

声掛けをすると自然と体が動き、動きが滑らかになってきます。

しっかり足が上がっているかをチェックするためには、指導員の足で障害物を作ります。

足を蹴らないように、しっかり腿をあげていかないとダメです。

片手歩行トレーニング

補助する手に力を加えないようにします。そのためにも、常にAポジションを意識します。

補助する人は、杖のイメージでサポートします。その結果、下に押し付ける力を感じながらトレーニングをしていきます。

歩行トレーニング

浮き輪を使ったトレーニングになります。
まずは、白い線の上をまっすぐ歩くことに意識します。

ここでも、ほかの利用者の目が気になります。その視線を感じながら、しっかり歩くことに意識して行いました。ただ、いつもよりもタイムがでません。

なんでか考えさせます。その結果、腿を持ち上げたあとの蹴りができていないことに気が付きます。
このトレーニングを指導してくれたのは、作業療法士(OT)Kさんです。

腿をあげ、後ろに足を伸ばします。その時、体(股関節)をねじり、最後に体重を乗せていきます。
その結果、きれいにアキレス腱伸ばしをするように、足の伸びになってきます。

白線の上を歩く

ちょっとした体の動きを変えることによって、20秒だったものが、15秒までに縮まりました。

今回から、10mを往復するトレーニングにグレードアップしました。
長い距離歩くことができるように、イメージを持ってもらいたいためです。

杖歩行

最終的なゴールは、杖をついての歩行にしています。そのために、必要な動作のトレーニングを開始しました。1.左手杖、2.右足、3.右手手すり、4.左足 という順番に出していきます。

自分でリズムを作るために、いち、に、さん、し と声をかけて動きます。

気を付けないといけないのが、ついた杖をしっかり地面に差すイメージを持つことです。
やってはいけないのは斜めについてしまうと、滑って転倒の恐れがあるからです。

最初は、なかなかうまくできない動きも、根気よくトレーニングしていくと体が覚えていきます。

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)児童発達支援、放課後等デイサービス 事業所一覧

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)

代田橋店 〒168-0063 杉並区和泉1-19-13
tel:03-5301-0760

芦花公園店 〒157-0062 世田谷区南烏山1-16-19
tel:03-5316-6056

阿佐ヶ谷店 〒166-0004 杉並区阿佐谷南2-32-9
tel:03-5305-3938

西荻窪店 〒167-0043 杉並区上荻3-5-4
tel:03-3301-2130

世田谷店 〒154-0016 世田谷区弦巻1-46-15
tel:03-5426-2325

三田店 〒108-0073 港区三田2-9-5みずほビル1F
tel:03-5439-9983

四ツ谷店 〒160-0004 新宿区四谷3-1-4斎藤ビル2F
tel:03-5362-7135


何でもそうですが、続けることって難しいことです。その環境を整備することが一番難しく、もし仮にその環境が整備できれば、療育は軌道に乗ると思います。

やったり、やらなかったりでは、いい時だけを求めてしまうものになりかねないので注意が必要だと思います。また本人がやりたいという気持ちにさせることも大事なポイントです。

泳ぐ

今回は、9回キックできました。もうすぐ、横は泳ぎきることができそうです。

今後の目標としては、お尻を水面に出し、蹴ることを心がけていきたいです。

そしたら、どこまでも泳げるようになると思います。

この記事のライター

関連する投稿


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 49回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 47回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。