ダンス療育とは、なぜダンスや歌が療育になるのか、その理由は6つは、エンタメ

ダンス療育とは、なぜダンスや歌が療育になるのか、その理由は6つは、エンタメ

なぜダンスや歌が療育になるのか、その理由は6つありますので6回に分けてお話させていただきます。何でもそうですが、続けることが大事です。それもしっかりゴールを意識して、目指します。その中での成功体験、失敗体験がその子の成長に役立ちます。あせらず・あわてず・あきらめずの気持ちで、楽しみながら続ける環境を見つけることが大事


6つの理由

1.運動が脳に与える効果

体を動かしているとき、人間は脳をまんべんなく使っています。

視覚・聴覚・皮膚・筋肉からの情報処理を受け取り、認知・記憶・判断などの高次情報処理を用いているのです。

私たちの行動や感情のすべてを取り仕切る脳を良い状態に保つことは、子供たちが心身共に豊かな生活を送り、より良い社会生活を自ら営む力になると考えます。
このような情報を踏まえて、私たちは運動を通して体を動かし、子供たちの脳を良い状態に保つことで、学力の向上・豊かな感受性や表現力・友達とのコミュニケーションを取る力など、生きていく中で大切な能力を育んでいくことを目的としています。

2.ダンスが脳に与える効果

ただ体を動かすだけではなく、感覚(視覚・聴覚・触覚などの五感)と、感情(イメージさせて体を動かす)を動員して体を動かします。

室内で走ったときと、屋外で走ったときの脳内の血流の図を見ると、屋外で走ったときの方がより多く血流が高まっているのが分かります。外の空気に触れて、風を感じ、デコボコ道を転ばないように走るとき、視覚・聴覚・触覚などの五感を必然的に働かせ脳全体を活性化するのです。

ダンスのレッスンでは感覚刺激(五感)が加わることで、社会生活を送る上で非常に重要な機能である実行機能を担う前頭前野が活性化すると言われています。感覚と感情を動因して体を動かし、屋外で体を動かしているときと同じ効果があるようにプログラムを組み立てながらレッスンを行なっています。

3.正しい姿勢と空間認知能

体の軸を意識する正しい姿勢はダンスの基本です。正しい姿勢で頭の位置を真っ直ぐに保ち目線を水平にする事で、脳がバランスを保ち、空間認知能が働きやすくなります。ダンスを通して正しい姿勢を身に付け、子供たちが日常生活の上でも常に正しい姿勢に保ち、空間認知能を働きやすくすることで子供たちの能力を最大限に伸ばすベースを作っていきます。




4.アイソレーションと体性感覚

習得することでより繊細に体を大きく使って踊れるようになります。

アイソレーションは体の軸を固定したまま、体のパーツを動かすダンスの基礎トレーニングです。体幹を固定して体のパーツを動かすという2つの動作を考えコントロールしながら繊細に筋肉を動かすことで体性感覚(自分の体の部分がどこでどうなっているのか)が磨かれます。体性感覚を磨くことで、外からの情報にも繊細な感覚が身につき、子供たちのコミュニケーション能力のベースになるとともに、自ら体をコントロールして動かすことが心もコントロール出来る能力になると考えます。

5.リズムとセロトニン神経

リズムを刻むことで脳を活性化し、自律神経のバランスをとります。

一定のリズムを刻むことで脳幹にあるセロトニン神経が活性化し、不安や緊張を取り除き、睡眠と覚醒のリズムを作る自律神経バランスが取れると言われています。また新しいリズムやステップを学ぼうとするとき、外国語を習うときのように脳はシナプス(神経細胞間の伝達部)のネットワークを強化し、思考力や表現力の機能が高まります。

6.コミュニケーション

ダンスレッスンで自然とコミュニケーション能力を育てます。

ダンスのレッスンでは仲間と一緒に楽しく体を動かす事で感覚や感情を動因して、より脳を活性化していきます。

みんなでダンスの振りを覚え一緒に踊ることで、自然にコミュニケーション能力を育て、対人関係を円滑にし、社会性を身に付けるベースを作ります。

具体的にどのように(レッスン内容)

1.あいさつ
2.柔軟体操
3.アイソレーション
4.リズムトレーニング
5.ウォーミングアップダンス2
おやつ
6.ダンス(UTF.DDD)
7.ストレッチ
8.あいさつ

あいさつ&メニューの確認

ダンス

柔軟体操

筋トレ

ストレッチ

ボールトレーニング

バランストレーニング

発表会にチャレンジ

年1回、9月に発表会を行います。この発表会は、全店舗の児童、放課後の生徒が一堂にかいして行うものになっております。2016年度は、生徒150名、保護者や関係者で総勢450名にご参加頂きました。

発表会は、人前で練習してきた成果を発表するものでもありますが、我々のエンタメ療育は、それだけではなく、皆と一緒に行動する、ほかの人の演技をみるなど、同時にできる体験を生み出すようにしております。

中には、成功体験ではなく、失敗体験になってしまう子もおります、ただし、その経験がその後の生徒さんの成長にいいようにつながっていくようにサポートしてまいります。

第3回 PCJダンス発表会
https://youtu.be/6Mh4S4491X8

発表会

●●店の発表風景

普段教えている指導員も見せます

飛びます、まわります

南流石さんとのコラボレーションも実現

せいの~ P・C・J 
(Premier Care Junior)

去年できなかったお子さんも

今年は参加できた、去年よりも緊張しなかった、人前で踊るのは緊張する、会場でお友達ができた、
色々な嬉しいお話も後日頂きます。

エンタメ療育は、楽しく続けて頂くことをもっとうにしており、保護者様との連携が大事になってきます。

舞台のお子様を見ながら、皆で踊る

お子さまと一緒になって、取り組める環境つくりをしております。

プレミア・ケア・ジュニア(PCJ)
http://www.premier-jr.jp

■杉並区
プレミア・ケア・ジュニア代田橋店
PCJ阿佐ヶ谷店
PCJ西荻窪店

■世田谷区
PCJ世田谷店
PCJ芦花公園店

■港区
PCJ三田店

■新宿区
PCJ四ツ谷店

この記事のライター

関連する投稿


プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 46回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では100歩まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2017年12月 スペシャル

ライフチャレンジ(LC) 2017年12月 スペシャル

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2017年12月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2017年12月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります □自分で職場に行く力を養う □挨拶をしっかり行う □必要なスキルを身につける □何ができるかを見つける


ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年12月

ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年12月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年11月

ライフチャレンジ(LC) ボーリング、キッザニア 2017年11月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


最新の投稿


  ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

ライフチャレンジ(LC) 2018年3月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。


ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジ(就労体験)プログラム 2018年2月

ジョブチャレンジとは、実際の職場にて、お仕事をして頂きます。 働く上で、必要なスキル(挨拶、パソコンスキルなど)を指導してまいります。 1.自分で職場に行く力を養う 2.挨拶をしっかり行う 3.必要なスキルを身につける 4.何ができるかを見つける 毎月1回からはじめるといいと思います。やればやるだけ力が付きます。


Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

Sさんと行く皆の卒業旅行 2018年2月18日(日)予定

2017年8月に1週間、短期体験学習in USAを行いました。総勢11名で行ったときに参加してくれたしゅうさんは、この3月で高校卒業します。そこでロスアンジェルスに一緒に行ったメンバーで卒業旅行に行こうという計画を立てています。この旅行は、たくとさん、けんたさん、Nにとっても卒業となります。


プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

プール療育 50回目 support by エンタメ療育 継続 あせらず

2016年8月に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけです。君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じトレーニングを行っています。一年経った今では、10m、183歩、歩行時間5分以上まで歩けるようになっています。継続は力なりです。


ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

ライフチャレンジ(LC) 2018年2月

エンタメ療育では、楽しんで続けていける環境を作り出すことを大切にしております。いくら親御さんがやらせたいといっても、お子さまが気持ちが乗らなければだめです。我々、スタッフはバディ(Buddy)仲間として、一緒になってお子様の成長をサポートさせて頂いております。ライフチャレンジとは、外出レクリエーションになっております。